バリスタの資格を取って夢を実現に導こう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

資格を得てプロに

飲食店

調理のプロとして活躍するために必要な資格が調理師の免許です。この免許を取得することができる専門学校は多く、いろいろなところで学ぶことができます。学校も深い専門性を学ぶことができるようにコースを設定しているところが増えています。

More Detail

お菓子職人になろう

パティシエ

本格的なお菓子を作りたいときには製菓の学校に行くといいでしょう。ここはプロの方がいて、その人に洋菓子や和菓子の作り方を教えてもらえるのです。昼間の多い学校ですが夜間の部も行っています。こちらは社会人やフリーターでも利用しやすいです。

More Detail

高い理想とともに

調理師

辻調理師専門学校には、高度調理技術マネジメント学科という三年制の学科が2016年からスタートしました。料理で「世界」を動かすというコンセプトを掲げており、そのコンセプトに見合った人材を育成できる学科です。教師陣も設備も充実している学校で、ぜひ多くのことを学んでください。

More Detail

コーヒーのエキスパート

珈琲

コーヒーの魔術師

バリスタとはレストランやバール、カフェなどの場所でコーヒーの知識に精通するエキスパートとして、コーヒーをお客様に提供する職業のことをいいます。バリスタになるのに必要な資格はありません。しかし、バリスタを目指す多くの方は、全く知識のない状態からカフェで実務経験を積んでいたり、カフェの専門学校などで知識や技術を習得しています。そしてその結果、更なるステップアップや自らにどの程度のスキルが身に付いているかを判断する材料として、バリスタの資格を取得する方も少なくありません。また、カフェを開業する方が、お客様に「自らのスキルを客観的に示すもの」として資格を取得される方もいます。バリスタの資格は民間資格のみで国家資格はありませんので、取得される際はご注意ください。

スキルを示すもの

バリスタの資格の中で代表的なのは、一般社団法人日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)が認可している「コーヒーマイスター」と一般社団法人日本バリスタ教会(JBA)が認可している「JBAバリスタライセンス」です。そして、JBAバリスタライセンスでは、JBA認定スクールで講座を受講し、修了後にライセンス試験を合格することにより、ライセンスを得ることが出来ます。バリスタライセンスにはレベルが1〜3まであり、レベルが上がるほど高い知識と技術力が必要です。これらのバリスタ資格に合格するためには、独学で学ぶことも可能ですが、カフェの専門学校へ進学することが一番の近道でしょう。バリスタとしての知識だけれはなく、経営に対しても学ぶことが可能です。